相続 とは

  • 相続の手続きと流れ

    近親者が亡くなり、ある日突然相続人という地位に立たされることになったという人は少なくありません。相続が開始すると、被相続人が死亡したことによって行わなければならない手続きは、相続人が全て行うことになります。また、各種の手続きには期限があることが多く、仕事や日常生活の負担に加えて手続きを行う負担も増えることになりま...

  • 刑事事件とは

    刑事事件とは、市民が捜査機関から何らかの捜査を受け、起訴がされたのち、裁判所において刑事裁判を受け判決を受けるという一連の流れを持つものを言います。 例えば、万引きをした場合、警察に逮捕され、その後に送致され検察によって起訴されるか否かの決定がされます。起訴されると有罪か無罪か。有罪だとしてもどの程度の刑罰を受け...

  • 示談交渉で請求できること

    自動車の運転中に人に怪我をさせてしまった、道路を歩行中に車や自転車に怪我をさせられてしまったなど、日常生活の中で交通事故に遭遇することは珍しいことではありません。交通事故の被害者になってしまった、加害者になってしまった場合には、弁護士に相談することで示談交渉を有利に行うことができます。加害者になってしまった場合は...

  • 弁護士に相談するメリット

    保険会社の設定する基準ということは保険会社が慰謝料を支払っても損をしない基準で設定されています。そのため、被害者にとっては、慰謝料として十分でないということも少なくありません。しかし、弁護士に慰謝料請求を依頼する場合には過去の裁判例に基づいた裁判基準(弁護士基準とも呼ばれます)によって請求額が決定します。裁判基準...

  • 労働問題

    生活のため、家族のために働くことは、人の社会生活の中で欠かすことのできない営みです。そのため、誰しも労働に関する法的トラブルに巻き込まれる恐れがあります。 例えば、近年ではハラスメントの類型が多くなり、セクシュアルハラスメントを始め、モラルハラスメント、マタニティハラスメント、パワーハラスメントなどがメディア等で...

  • 医療過誤・事故,美容トラブル(患者側)の相談

    医療訴訟は、医療と法律という専門的な知識が2つも必要となるため、一般の方は一人で対応することは相当に困難です。ですから、上記に述べた通り、医療関係に特化した弁護士に法律相談を行い、見通しを立ててもらうことが必要です。 医療訴訟は医療の専門的知識が必要となる上、相手方に証拠が偏在していることが多いにもかかわらず、医...

  • 債務整理の種類

    任意整理とは、債務者が債権者と直接交渉を行って、債務の支払い猶予をしてもらうことや、分割払いの金額を減らしてもらうというものです。あくまで債務者と債権者との関係で行われる債務整理ですので、弁護士や裁判所のような専門家の介入なく行うことができます。もっとも、債務者だけで交渉を行う場合に債権者がその交渉に応じてくれる...

  • 債務整理とは

    しかし、悩んでいる間に債務返済の見通しが立つことは多くありません。一人で悩んでいる方は弁護士などの専門家にご相談してみることも一つの手段です。 また、債務整理を行うと、確かに社会的な信用が低下してしまいます。その理由は、上記に挙げた債務整理手続きはどれをとってもブラックリストに載ってしまうためです。ブラックリスト...

  • 慰謝料請求

    例えば、夫婦関係を終了する(離婚をする)原因が夫婦間の価値観のずれである場合、離婚による精神的損害が生じたと主張して、慰謝料請求をすることは難しいです。 一般的には、夫婦のどちらかになんらかの帰責性がないと、慰謝料請求をすることができません。慰謝料請求をすることができる代表例としては、浮気や不倫などの不貞行為、精...

  • 離婚・男女問題を弁護士に相談するタイミング

    離婚調停とは、離婚が協議によってまとまらない場合に、調停委員を介して離婚の話し合いを行うというものです。離婚調停の場合は、調停を申し立てるタイミングで弁護士に依頼する場合が多いです。調停を行うためには申し立てが必要となり、自分でも申し立てを行うことができます。しかし、弁護士に依頼することによって費用がかかるため、...

  • 契約書のリーガルチェック

    そのため、契約締結時に契約書の内容をどのように定めるのかということは当事者にとって非常に重要な関心事項になります。 例えば、取引の相手方から取引基本契約書が提示された場合、多くの場合には相手方にとって有利であり、こちら側にとって不利益となる条項が入れられています。これに気づかずに、契約書に合意をしてしまうと、取引...

  • 動物病院側・獣医師側のための法律相談

    ここでいう損害賠償請求とは、ペットを失ったことによって飼い主が被った精神的損害賠償請求(慰謝料請求)であることが多いです。 かつては、慰謝料請求が認められる範囲は2〜3万円程度でした。しかし、上記のような近年の状況に鑑み、最近では慰謝料請求として30万円〜50万円といった高額な慰謝料請求が認められるという事案もあ...

  • 紛争解決の方法・種類

    示談交渉とは、病院側が責任を認めた場合に、病院側の弁護士と被害者との間で合意のできる損害賠償金について交渉を行うことによって紛争解決をする方法です。この方法で紛争解決を行うことができれば、迅速かつ少ない労力で解決することができます。 調停とは、調停委員を介して紛争解決に向けた話し合いを行うことで解決を試みることを...

  • 法人破産手続きの流れ

    この通知を行なった後は、債権者は債務者に直接取立てを行うことはできなくなり、債務者の窓口は全て弁護士が請け負うことになります。 受任通知を行なった後は、従業員の解雇やテナントの明け渡しを行うことになります。従業員の解雇は適切な手続きを踏まないと不当解雇として損害賠償責任の追求を受けることがあります。ですので、弁護...

  • 法人破産とは

    法人破産とは、裁判所に対して破産の申し立てを行い、申し立てが認められると破産管財人が選任され、破産管財人が破産した会社の財産を管理しながら、債権者に配当を行なっていくことで会社の清算を行うことをいいます。 破産を行うにあたっては、複雑な手続きが必要となり、弁護士に依頼することが必要となります。会社破産を行うと会社...

  • 弁護士と顧問契約するメリット

    しかし、顧問弁護士が自社にとって必要か否かということは容易に判断できることではありません。そのため、下記に述べる顧問弁護士と契約を行うメリットを参考にご検討ください。会社が弁護士と顧問契約を行うと、顧問弁護士は会社の専属弁護士のような役割を果たします。 会社内で法的トラブルが発生した場合には、どんなに些細なトラブ...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

原弁護士の写真

代表弁護士

原 悠太Yuuta Hara

私は東京都内を中心に離婚、自己破産、企業法務、医療(動物病院)の法律問題に対応しています。

また、私は獣医師の資格を保有しているため、医療分野には確かな知識と豊富な経験があります。

弁護士に相談をしたり、依頼することは人生であまり経験することではありません。

そのため弁護士を頼るのは怖いと考えている方も多くいらっしゃいますが、悩みを抱える皆様が気軽に相談できる弁護士となれるように日々努力してまいります。

ご相談者のお話を丁寧にお聞きし、問題の早期解決ができるよう努めますので、お困りの際は一人で抱えずお気軽にご相談ください。

資格
  • 弁護士・税理士、獣医師
所属団体
  • 第一東京弁護士会(57995)
  • 東京税理士会蒲田支部
執筆・講演
  • 獣医療過誤防止セミナー 講師出演
  • フリーランス獣医師カンファレンス2022 講師出演
  • 離婚弁護士マップインタビュー 「離婚調停」記事掲載
  • 動物病院経営カンファレンス2022 講師出演
  • QIX動物病院経営マネージメントサービス発売記念セミナー 講師出演
  • 毎日新聞「これで安心!相続遺言について考えてみませんか!」特集掲載
  • 獣医キャリアパスチャンネル 出演

依頼者の「右腕」として、相続トラブルを最善の解決に導く~税理士とも連携しワンストップで対応~

相談のしやすさと細やかなサポートが強み~法律トラブルから顧問先を守る「門番」でありたい

依頼者をよく見て理解し、解決への道筋を設計。本気の対話を重ねながら二人三脚でゴールへ向かう

弁護士への感謝の声

生井みな絵先生の写真

弁護士

生井みな絵Minae Namai

RHA法律事務所の弁護士、生井みな絵と申します。

私は、弁護士になる前は公立小学校の教員として働いていました。

子どもたちに教えるという仕事に楽しさとやりがいを感じる一方で、小さな頃から夢見ていた法律の仕事につきたい、という気持ちが心のどこかに引っかかっていたのかもしれません。

自身の出産を終えて職場復帰したころ、そんな自分の思いに正直になり、司法試験に再チャレンジすることに決めました。

もちろん、家庭を持つ身でしたので、仕事をやめて学生になることはできません。

仕事をしながら勉強ができる、社会人のための夜間法科大学院を選び、仕事と子育て、学生生活を両立(三立?)し、何とか司法試験に合格できました。

 

教員としては、「子どもたちが納得できるようにしよう」と考え、その時の状況に応じて、時には優しく、時には厳しく、工夫して指導をしてきました。

弁護士としても、相談者・依頼者の皆様方が、納得してトラブルを解決できるように、その方法を法的な観点から考え、提案し、一緒に解決に向けて努力していきます。

資格
  • 弁護士,小学校教諭1種・2種免許
所属団体
  • 東京弁護士会所属(64867)
取材実績等
  • 「大学で挫折も『40代で司法試験合格』3児のママ教師が挑んだキャリアチェンジ」 CHANTwebインタビュー記事掲載  
経歴

公務員の父、薬剤師の母の次女として秋田で育ちました。

  • 秋田県立秋田高校卒業
  • 早稲田大学法学部卒業
  • 秋田県内の養護学校(現・特別支援学校)で実習助手として勤務
  • 通信教育で小学校教諭免許状取得
  • 宮城県の正規教員採用となり気仙沼市の小学校で教諭として勤務
  • 東京都の正規教員採用となり品川区・大田区の小学校で教諭として勤務
  • 筑波大学法科大学院(社会人のための夜間大学院)修了
  • 司法試験合格(2回目)
  • 司法修習のため教員退職
  • 司法修習で東京地裁に配属
  • 弁護士登録
  • RHA法律事務所に参加
趣味趣向等
Mr.childrenが好きです。
30周年を越えた彼らの曲を聴いていると、一緒に年を取ってきたなあとしみじみします。
運動は苦手ですが、スポーツは観る方専門で大好きです。
体操、フィギュアスケート、野球など、できるだけ生の試合に行けるよういつも大会情報はチェックしています!

事務所概要

Office Overview

事務所名 RHA法律事務所
代表者 原 悠太(はら ゆうた)
所在地 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-16-2 テクノポート大樹生命ビル9F
連絡先 TEL:03-6428-6069/ FAX:03-6428-6070
対応時間 月~金 9:00~18:00 ※時間外はメール対応可
定休日 土日祝
事務所の写真
当事務所の先生がevangelistに選ばれました。