相続 依頼

  • 刑事事件とは

    私選弁護は、被疑者や被疑者家族が法律事務所を選択して依頼するというものになります。私選弁護の場合は、弁護士費用を被疑者側が負担しなければなりませんが、その分被疑者との相性や弁護士への信用、刑事分野での実績等を考慮して弁護人を選任することができる点で大きなメリットがあります。 警察の捜査は水面下で行われることが多い...

  • 示談交渉で請求できること

    もっとも、一般の方は弁護士基準に沿って保険会社と示談交渉を行ったとしても、保険会社が応じてくれることは少ないため、弁護士基準によって慰謝料請求を行いたい場合には、弁護士に依頼する必要があります。過失割合が10対0の場合には、被害者の加入している任意保険の中に弁護士費用を保険会社が負担するという条項が付されているも...

  • 弁護士に相談するメリット

    しかし、弁護士に慰謝料請求を依頼する場合には過去の裁判例に基づいた裁判基準(弁護士基準とも呼ばれます)によって請求額が決定します。裁判基準は、任意保険基準よりも2〜3倍程度大きい金額であることが多く、被害者としては十分な慰謝料を得られることになります。もっとも、一般の方は裁判基準を持ち出して保険会社と交渉すること...

  • 相続の手続きと流れ

    近親者が亡くなり、ある日突然相続人という地位に立たされることになったという人は少なくありません。相続が開始すると、被相続人が死亡したことによって行わなければならない手続きは、相続人が全て行うことになります。また、各種の手続きには期限があることが多く、仕事や日常生活の負担に加えて手続きを行う負担も増えることになりま...

  • 医療過誤・事故,美容トラブル(患者側)の相談

    そのため、医療関係に強みを持つ当事務所では、これまでの依頼から得たノウハウを十分に活用し、適切なサポートを万全に行うことができるよう、尽力いたします。 RHA法律事務所では、大田区・川崎市・横浜市をはじめとして全国各地からご相談を承っております。医療訴訟の提起をご検討の方は、ぜひ一度当事務所までご相談ください。

  • 債務整理の種類

    そのため、弁護士に交渉を依頼することで債務者にとって無理のない計画を立てられる場合があります。 また、任意整理のメリットは、第三者や家族に知られることなく債務整理を行うことができる点に特徴があります。しかしデメリットとしてはブラックリストに載ってしまうため、社会的信用に傷がついてしまい、借金を行うことが困難になっ...

  • 離婚・男女問題を弁護士に相談するタイミング

    離婚調停の場合は、調停を申し立てるタイミングで弁護士に依頼する場合が多いです。調停を行うためには申し立てが必要となり、自分でも申し立てを行うことができます。しかし、弁護士に依頼することによって費用がかかるため、確実に金銭を取れるような場合でなければ費用倒れしてしまいます。ですから、離婚調停の場合に弁護士に依頼する...

  • 契約書のリーガルチェック

    RHA法律事務所では、大田区・川崎市・横浜市をはじめとして全国各地からご相談を承っております。 当事務所においても契約書のリーガルチェックのご依頼を多く承っております。リーガルチェックをご検討の方はぜひ当事務所までご相談下さい。

  • 紛争解決の方法・種類

    そのため、弁護士の中でも医療関係に強い弁護士でないと、依頼者の意向に沿った紛争解決が期待できない場合もあります。弁護士に依頼する際にはその点に気をつけましょう。 RHA法律事務所では、大田区・川崎市・横浜市をはじめとして全国各地からご相談を承っております。当事務所は医療関係に強みを有しています。そのため、医療過誤...

  • 法人破産とは

    破産を行うにあたっては、複雑な手続きが必要となり、弁護士に依頼することが必要となります。会社破産を行うと会社は消滅してしまいますが、再び起業することや事業を始めることができます。また、あくまで会社が破産するだけですので、代表取締役には影響はないのが原則です。もっとも、会社によっては、代表取締役が会社の連帯保証人と...

  • 顧問弁護士がいない場合のデメリット

    顧問でない弁護士に依頼する際には、会社の情報や状況を一から説明しなければならず、トラブル発生までの経過について弁護士に理解してもらうための時間を要します。しかし、顧問弁護士であれば、会社内部の事情、構造を理解しているため、紛争着手が迅速に行えます。 自社では発見できない法的問題点を指摘してくれる人がいないというの...

  • 弁護士と顧問契約するメリット

    この点で、一時的に依頼した弁護士に委任するよりも顧問弁護士に依頼する方が会社の意向に沿った解決策を提示してもらえる可能性が高いです。 会社内でのトラブル発生を未然に防止するための対策を立てることもできます。例えば、会社が従業員の解雇を行いたい場合に、どのような手続きを踏めば不当解雇として損害賠償請求を行われずに済...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

原弁護士の写真

代表弁護士

原 悠太Yuuta Hara

私は東京都内を中心に離婚、自己破産、企業法務、医療(動物病院)の法律問題に対応しています。

また、私は獣医師の資格を保有しているため、医療分野には確かな知識と豊富な経験があります。

弁護士に相談をしたり、依頼することは人生であまり経験することではありません。

そのため弁護士を頼るのは怖いと考えている方も多くいらっしゃいますが、悩みを抱える皆様が気軽に相談できる弁護士となれるように日々努力してまいります。

ご相談者のお話を丁寧にお聞きし、問題の早期解決ができるよう努めますので、お困りの際は一人で抱えずお気軽にご相談ください。

資格
  • 弁護士・税理士、獣医師
所属団体
  • 第一東京弁護士会(57995)
  • 東京税理士会蒲田支部

事務所概要

Office Overview

事務所名 RHA法律事務所
代表者 原 悠太(はら ゆうた)
所在地 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-16-2 テクノポート大樹生命ビル9F
連絡先 TEL:03-6428-6069/ FAX:03-6428-6070
対応時間 月~金 9:00~18:00 ※時間外はメール対応可
定休日 土日祝
事務所の写真
当事務所の先生がevangelistに選ばれました。