RHA法律事務所 > 交通事故 > 示談交渉で請求できること

示談交渉で請求できること

自動車の運転中に人に怪我をさせてしまった、道路を歩行中に車や自転車に怪我をさせられてしまったなど、日常生活の中で交通事故に遭遇することは珍しいことではありません。

交通事故の被害者になってしまった、加害者になってしまった場合には、弁護士に相談することで示談交渉を有利に行うことができます。

加害者になってしまった場合は任意保険に加入していれば、保険会社が被害者と交渉を行ってくれることが多いため、弁護士の登場は少ないです。

この記事では交通事故の被害者になった場合に弁護士に相談する場合についてご説明します。

 

交通事故の被害者は、相手の加入している保険会社と示談について交渉を行うことになるのが一般的です。

しかし、保険会社は被害損害による負担額を減らすこと・交渉術に長けている専門家です。

そのため、一般人が保険会社と示談交渉を行う場合には保険会社からうまく言いくるめられてしまったり、応じる必要のない示談に誤って応じてしまったりする恐れがあります。

一度示談が成立してしまうと、示談をやり直すことは困難な場合が多いため、示談交渉の段階で被害者の受け取るべき損害を適切に主張していくことが重要となります。

 

弁護士に示談交渉を行ってもらうことで請求できることは多いです。
その中で最も大きなメリットは、慰謝料など示談金の額を保険会社が提示した額よりも増額させることができるという点です。その理由は弁護士が保険会社と示談金の交渉を行う際に、保険会社が弁護士基準という過去の裁判例を基にした基準によって慰謝料請求ができうるようになります。

保険会社が提示する慰謝料の基準は任意保険基準と言われ、弁護士基準の2分の1、3分の1程度の金額です。

そのため、弁護士をたて、弁護士基準で慰謝料の交渉をしてもらう方が請求額が多くなる可能性が高まります。

 

もっとも、一般の方は弁護士基準に沿って保険会社と示談交渉を行ったとしても、保険会社が応じてくれることは少ないため、弁護士基準によって慰謝料請求を行いたい場合には、弁護士に依頼する必要があります。

過失割合が10対0の場合には、被害者の加入している任意保険の中に弁護士費用を保険会社が負担するという条項が付されているものもありますので、そのような条項がある保険に加入されている方は、弁護士に依頼することをお勧めします。

 

交通事故の示談交渉は保険会社と行われるため、相手が悪徳保険会社の場合、被害者であるにもかかわらず、被害者の過失を必要以上に追求されたり、十分な示談金を得られなかったりということがあります。そのようなことを防止するためにも示談交渉は弁護士にお任せするというのも一つの手段です。

 

RHA法律事務所では、大田区・川崎市・横浜市をはじめとして全国各地からご相談を承っております。
当事務所でも交通事故のご相談、ご依頼を数多く受けております。お困りの方は是非一度当事務所まで、ご相談下さい。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

原弁護士の写真

代表弁護士

原 悠太Yuuta Hara

私は東京都内を中心に離婚、自己破産、企業法務、医療(動物病院)の法律問題に対応しています。

また、私は獣医師の資格を保有しているため、医療分野には確かな知識と豊富な経験があります。

弁護士に相談をしたり、依頼することは人生であまり経験することではありません。

そのため弁護士を頼るのは怖いと考えている方も多くいらっしゃいますが、悩みを抱える皆様が気軽に相談できる弁護士となれるように日々努力してまいります。

ご相談者のお話を丁寧にお聞きし、問題の早期解決ができるよう努めますので、お困りの際は一人で抱えずお気軽にご相談ください。

資格
  • 弁護士・税理士、獣医師
所属団体
  • 第一東京弁護士会(57995)
  • 東京税理士会蒲田支部

事務所概要

Office Overview

事務所名 RHA法律事務所
代表者 原 悠太(はら ゆうた)
所在地 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-16-2 テクノポート大樹生命ビル9F
連絡先 TEL:03-6428-6069/ FAX:03-6428-6070
対応時間 月~金 9:00~18:00 ※時間外はメール対応可
定休日 土日祝
事務所の写真
当事務所の先生がevangelistに選ばれました。