慰謝料請求

男女関係のこじれによって、慰謝料請求したいという方や離婚に際して慰謝料を請求したいという方はいらっしゃいますか。例えば、夫婦関係を終了する(離婚をする)原因が夫婦間の価値観のずれである場合、離婚による精神的損害が生じたと主張して、慰謝料請求をすることは難しいです。

 

一般的には、夫婦のどちらかになんらかの帰責性がないと、慰謝料請求をすることができません。慰謝料請求をすることができる代表例としては、浮気や不倫などの不貞行為、精神的DVや肉体的DVなどによる暴力行為、故意に放置されるような悪意的遺棄、子供との交流を阻害される、犯罪行為、性的不調和などが挙げられます。

 

そのため、なんでも慰謝料請求ができるわけではありませんので注意が必要です。慰謝料請求ができるのか否かは上記の具体例をどの程度立証することができるのかという問題や、上記の例の他に慰謝料請求ができる場合に当たるかといった問題があります。

例えば、不貞行為があったことを立証するために、録音テープ、写真、メール、手帳、手紙、ホテルの領収書などを証拠として提出し、不倫や浮気をしていることが疑わしいという程度に証明できれば、立証が成功するということになります。

 

このような問題をご自身で判断することが難しいと考えられる方は法律の専門家である弁護士にご相談されることも一つの手段です。

弁護士にご相談される際には、男女関係の紛争トラブルに強い弁護士のご相談されることをお勧めします。

また、男女関係のもつれは簡単に解決することができる問題ではありません。そのため、なるべく紛争早期の段階から相談することが大切です。

 

RHA法律事務所では、大田区・川崎市・横浜市をはじめとして全国各地からご相談を承っております。
当事務所においては男女関係の紛争トラブルの解決実績を多く有しております。

慰謝料請求をご検討の方はぜひ一度当事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

原弁護士の写真

代表弁護士

原 悠太Yuuta Hara

私は東京都内を中心に離婚、自己破産、企業法務、医療(動物病院)の法律問題に対応しています。

また、私は獣医師の資格を保有しているため、医療分野には確かな知識と豊富な経験があります。

弁護士に相談をしたり、依頼することは人生であまり経験することではありません。

そのため弁護士を頼るのは怖いと考えている方も多くいらっしゃいますが、悩みを抱える皆様が気軽に相談できる弁護士となれるように日々努力してまいります。

ご相談者のお話を丁寧にお聞きし、問題の早期解決ができるよう努めますので、お困りの際は一人で抱えずお気軽にご相談ください。

資格
  • 弁護士・税理士、獣医師
所属団体
  • 第一東京弁護士会(57995)
  • 東京税理士会蒲田支部

事務所概要

Office Overview

事務所名 RHA法律事務所
代表者 原 悠太(はら ゆうた)
所在地 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-16-2 テクノポート大樹生命ビル9F
連絡先 TEL:03-6428-6069/ FAX:03-6428-6070
対応時間 月~金 9:00~18:00 ※時間外はメール対応可
定休日 土日祝
事務所の写真
当事務所の先生がevangelistに選ばれました。