RHA法律事務所 > 離婚・男女問題 > 離婚・男女問題を弁護士に相談するタイミング

離婚・男女問題を弁護士に相談するタイミング

パートナーとの離婚を検討している場合、弁護士に相談した方が良いのか、相談するとしたらどのタイミングがベストかといった問題が発生します。

まず、離婚には協議離婚、離婚調停、離婚訴訟の三類型があり、どの離婚形態を取るのかによって相談のタイミングが変わってきます。

 

協議離婚は当事者間で話し合いを行うことで、離婚の合意をすることを言います。この場合、離婚を切り出す前に弁護士に相談するのが最適なタイミングであることが多いです。その理由は、弁護士に離婚を切り出した際に想定される相手からの反論や問題点に対する対処を想定してもらうことができ、それに基づいて話し合いを進めることができるため、スムーズな協議を行うことができます。

具体的には、相手の主張に対して、過去の裁判例の話を持ってきて自身の主張の正当性を基礎付けることを行うことができます。

 

しかし、当事者間でまずは話し合いを行い、問題点を抽出したいという場合には、話し合い後に問題点を弁護士に相談し、解決策を仰ぐという手段を取ることも考えられます。話し合いを行う際には、当事者同士が感情的になってしまうことが多いため、当事者の両親や兄弟、友人など第三者を交えて協議されることをお勧めします。

 

離婚調停とは、離婚が協議によってまとまらない場合に、調停委員を介して離婚の話し合いを行うというものです。離婚調停の場合は、調停を申し立てるタイミングで弁護士に依頼する場合が多いです。調停を行うためには申し立てが必要となり、自分でも申し立てを行うことができます。

しかし、弁護士に依頼することによって費用がかかるため、確実に金銭を取れるような場合でなければ費用倒れしてしまいます。

ですから、離婚調停の場合に弁護士に依頼する場合には、絶対に譲れないもの(例えば子供の親権が挙げられます)があるといった場合に限った方が良いです。

 

最後に、離婚訴訟はその名の通り、家庭裁判所に訴えを提起する方法です。この場合には、訴訟のための事前準備が不可欠ですので、訴え提起前に弁護士に相談することをお勧めします。

 

離婚する際に弁護士に依頼するタイミングは、紛争の早期解決のために重要です。できれば、弁護士への相談は早期の段階で行うべきです。

しかしその分、費用を取られてしまうため、経済的事情と離婚に伴う問題の大きさを比較して、どのタイミングで相談に踏み切るのかを検討すると良いです。

 

RHA法律事務所では、大田区・川崎市・横浜市をはじめとして全国各地からご相談を承っております。
当事務所においても離婚・男女トラブルに関する紛争解決を行なっております。お困りの方は是非一度当事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

原弁護士の写真

代表弁護士

原 悠太Yuuta Hara

私は東京都内を中心に離婚、自己破産、企業法務、医療(動物病院)の法律問題に対応しています。

また、私は獣医師の資格を保有しているため、医療分野には確かな知識と豊富な経験があります。

弁護士に相談をしたり、依頼することは人生であまり経験することではありません。

そのため弁護士を頼るのは怖いと考えている方も多くいらっしゃいますが、悩みを抱える皆様が気軽に相談できる弁護士となれるように日々努力してまいります。

ご相談者のお話を丁寧にお聞きし、問題の早期解決ができるよう努めますので、お困りの際は一人で抱えずお気軽にご相談ください。

資格
  • 弁護士・税理士、獣医師
所属団体
  • 第一東京弁護士会(57995)
  • 東京税理士会蒲田支部

事務所概要

Office Overview

事務所名 RHA法律事務所
代表者 原 悠太(はら ゆうた)
所在地 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-16-2 テクノポート大樹生命ビル9F
連絡先 TEL:03-6428-6069/ FAX:03-6428-6070
対応時間 月~金 9:00~18:00 ※時間外はメール対応可
定休日 土日祝
事務所の写真
当事務所の先生がevangelistに選ばれました。