自己破産 費用

  • 自己破産手続きにかかる費用|支払えない場合はどうする?

    自己破産手続きとは?自己破産手続きとは、借金を支払えないことを裁判所に伝えることで、裁判所が債務者の借金支払い義務を免除することをいいます。そして、自己破産手続きには同時廃止事件、少額管財事件、管財事件という3種類が存在します。同時廃止事件と管財事件(少額管財事件)の違いは、本人に財産があるかないかという点にあ...

  • 刑事事件とは

    私選弁護の場合は、弁護士費用を被疑者側が負担しなければなりませんが、その分被疑者との相性や弁護士への信用、刑事分野での実績等を考慮して弁護人を選任することができる点で大きなメリットがあります。 警察の捜査は水面下で行われることが多いため、突然、刑事事件の当事者になる人が多いです。また、弁護人の選任方法を知らないと...

  • 示談交渉で請求できること

    過失割合が10対0の場合には、被害者の加入している任意保険の中に弁護士費用を保険会社が負担するという条項が付されているものもありますので、そのような条項がある保険に加入されている方は、弁護士に依頼することをお勧めします。 交通事故の示談交渉は保険会社と行われるため、相手が悪徳保険会社の場合、被害者であるにもかかわ...

  • 債務整理の種類

    債務整理には任意整理、民事再生、自己破産の3種類があります。 任意整理とは、債務者が債権者と直接交渉を行って、債務の支払い猶予をしてもらうことや、分割払いの金額を減らしてもらうというものです。あくまで債務者と債権者との関係で行われる債務整理ですので、弁護士や裁判所のような専門家の介入なく行うことができます。もっと...

  • 債務整理とは

    しかし、債務弁済の負担を軽減させるための債務整理の方法には、自己破産の他にも任意整理や民事再生といった方法を取ることができ、必ずしも破産しなくても債務負担を軽減させることができる場合があります。 任意整理は、債権者に対して債務者直接交渉を行うことによって債務の返済負担を減らしてもらうことを言い、民事再生は民事再生...

  • 離婚・男女問題を弁護士に相談するタイミング

    しかし、弁護士に依頼することによって費用がかかるため、確実に金銭を取れるような場合でなければ費用倒れしてしまいます。ですから、離婚調停の場合に弁護士に依頼する場合には、絶対に譲れないもの(例えば子供の親権が挙げられます)があるといった場合に限った方が良いです。 最後に、離婚訴訟はその名の通り、家庭裁判所に訴えを提...

  • 弁護士と顧問契約するメリット

    顧問弁護士との契約は経済的支出が大きいと思われがちですが、人件費や部署の設置費用等を考慮すると、法務部を設置するよりも弁護士と顧問契約を締結する方が一般的に安価に済みます。 以上に述べたメリット以外にも弁護士との人間関係構築により、個人的に紛争を依頼する弁護士のあてが見つかるという点やコンプライアンスについても助...

  • 自己破産が出来る条件とは

    自己破産とは、債務者が自分で裁判所に対し破産開始の申し立てをすることをいいます。自己破産をすることにより、債務者(破産者)は、自分が有している財産の限度で債務の支払義務を負います。つまり、裁判所が債務者が支払不能であると認めることで債務を免除してもらえる手続きが自己破産となります。すべての債務が免除されることから...

  • 養育費の取り決め方

    養育費とは、子どもの教育・監護をするにあたり必要な費用のことをいいます。 離婚をする際に、子の監護について必要な事項を定めなければならないことになっています(民法766条1項、771条)。その中で養育費の分担についても取り決めなければならないとされていますが、どのように養育費の分担を取りきめればよいかについては、...

  • 離婚手続きの流れ

    裁判には費用や時間がかかりますが、必ずどちらかの言い分が認められ、結果が出ることになります。裁判離婚が認められるには「法定離婚事由」が必要です。これは協議離婚や調停離婚には必要ありません。また、前述の通り少なくとも1度は離婚調停を経ている必要があります。 ■離婚とお金離婚の際は、不貞行為やDV(家庭内暴力)などの...

  • 動物病院で獣医療事故が起きてしまったら

    また、ペットが医療事故で死亡した場合は、ペットの時価の賠償金と、飼い主の慰謝料、葬儀費用を賠償する必要があります。ただし、動物病院側が損害賠償責任を負うのは、獣医師が平均的な獣医療学の水準を基準とした注意義務を怠った結果、ペットが死亡あるいは障害を負った場合です。 動物病院におけるペットの診療契約では、完全な治癒...

  • 自己破産のメリット・デメリット|配偶者への影響も併せて解説

    自己破産とは、債務整理の一つです。借金の返済が不可能なとき、借金の消滅を目的に行う手続きです。裁判官が、借金の額や収入、資産の状況に鑑み、「支払い不能」と判断した場合に自己破産をすることができます(破産法第2条第2項)。 自己破産のメリットは、すべての債務(養育費や公租公課、その他非免責債権を除く)の支払い義務が...

  • 売掛金回収の具体的な流れ|時効を成立させない方法も併せて解説

    相手方が経営の難航などにより債務の履行を滞らせてしまっており、他社に対しても複数の債務を抱えている場合などにおいては、相手方が他社に対して債務を履行したのち自己破産等の債務整理を行ってしまうと、経営者は相手方から売掛金を回収することができなくなってしまいます。そのため、相手方から債務を回収できなくなる前に、他社に...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

原弁護士の写真

代表弁護士

原 悠太Yuuta Hara

私は東京都内を中心に離婚、自己破産、企業法務、医療(動物病院)の法律問題に対応しています。

また、私は獣医師の資格を保有しているため、医療分野には確かな知識と豊富な経験があります。

弁護士に相談をしたり、依頼することは人生であまり経験することではありません。

そのため弁護士を頼るのは怖いと考えている方も多くいらっしゃいますが、悩みを抱える皆様が気軽に相談できる弁護士となれるように日々努力してまいります。

ご相談者のお話を丁寧にお聞きし、問題の早期解決ができるよう努めますので、お困りの際は一人で抱えずお気軽にご相談ください。

資格
  • 弁護士・税理士、獣医師
所属団体
  • 第一東京弁護士会(57995)
  • 東京税理士会蒲田支部
執筆・講演
  • 獣医療過誤防止セミナー 講師出演
  • フリーランス獣医師カンファレンス2022 講師出演
  • 離婚弁護士マップインタビュー 「離婚調停」記事掲載
  • 動物病院経営カンファレンス2022 講師出演
  • QIX動物病院経営マネージメントサービス発売記念セミナー 講師出演
  • 毎日新聞「これで安心!相続遺言について考えてみませんか!」特集掲載
  • 獣医キャリアパスチャンネル 出演

依頼者の「右腕」として、相続トラブルを最善の解決に導く~税理士とも連携しワンストップで対応~

相談のしやすさと細やかなサポートが強み~法律トラブルから顧問先を守る「門番」でありたい

依頼者をよく見て理解し、解決への道筋を設計。本気の対話を重ねながら二人三脚でゴールへ向かう

弁護士への感謝の声

生井みな絵先生の写真

弁護士

生井みな絵Minae Namai

RHA法律事務所の弁護士、生井みな絵と申します。

私は、弁護士になる前は公立小学校の教員として働いていました。

子どもたちに教えるという仕事に楽しさとやりがいを感じる一方で、小さな頃から夢見ていた法律の仕事につきたい、という気持ちが心のどこかに引っかかっていたのかもしれません。

自身の出産を終えて職場復帰したころ、そんな自分の思いに正直になり、司法試験に再チャレンジすることに決めました。

もちろん、家庭を持つ身でしたので、仕事をやめて学生になることはできません。

仕事をしながら勉強ができる、社会人のための夜間法科大学院を選び、仕事と子育て、学生生活を両立(三立?)し、何とか司法試験に合格できました。

 

教員としては、「子どもたちが納得できるようにしよう」と考え、その時の状況に応じて、時には優しく、時には厳しく、工夫して指導をしてきました。

弁護士としても、相談者・依頼者の皆様方が、納得してトラブルを解決できるように、その方法を法的な観点から考え、提案し、一緒に解決に向けて努力していきます。

資格
  • 弁護士,小学校教諭1種・2種免許
所属団体
  • 東京弁護士会所属(64867)
取材実績等
  • 「大学で挫折も『40代で司法試験合格』3児のママ教師が挑んだキャリアチェンジ」 CHANTwebインタビュー記事掲載  
経歴

公務員の父、薬剤師の母の次女として秋田で育ちました。

  • 秋田県立秋田高校卒業
  • 早稲田大学法学部卒業
  • 秋田県内の養護学校(現・特別支援学校)で実習助手として勤務
  • 通信教育で小学校教諭免許状取得
  • 宮城県の正規教員採用となり気仙沼市の小学校で教諭として勤務
  • 東京都の正規教員採用となり品川区・大田区の小学校で教諭として勤務
  • 筑波大学法科大学院(社会人のための夜間大学院)修了
  • 司法試験合格(2回目)
  • 司法修習のため教員退職
  • 司法修習で東京地裁に配属
  • 弁護士登録
  • RHA法律事務所に参加
趣味趣向等
Mr.childrenが好きです。
30周年を越えた彼らの曲を聴いていると、一緒に年を取ってきたなあとしみじみします。
運動は苦手ですが、スポーツは観る方専門で大好きです。
体操、フィギュアスケート、野球など、できるだけ生の試合に行けるよういつも大会情報はチェックしています!

事務所概要

Office Overview

事務所名 RHA法律事務所
代表者 原 悠太(はら ゆうた)
所在地 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-16-2 テクノポート大樹生命ビル9F
連絡先 TEL:03-6428-6069/ FAX:03-6428-6070
対応時間 月~金 9:00~18:00 ※時間外はメール対応可
定休日 土日祝
事務所の写真
当事務所の先生がevangelistに選ばれました。