RHA法律事務所 > 顧問 > 弁護士と顧問契約するメリット

弁護士と顧問契約するメリット

取引先との契約書が自社にとって不利になっていないか心配、社内でコンプライアンス遵守させるためにサポートが欲しい、分割・合併など大規模な会社の変革を行うにあたって法的問題を予防・対策したい、労災対策をしたいなど、会社経営上困っている方はいらっしゃいませんか。

 

そのような方は、弁護士と顧問契約を行うことで悩みが解消されるかもしれません。
しかし、顧問弁護士が自社にとって必要か否かということは容易に判断できることではありません。

そのため、下記に述べる顧問弁護士と契約を行うメリットを参考にご検討ください。
会社が弁護士と顧問契約を行うと、顧問弁護士は会社の専属弁護士のような役割を果たします。

 

会社内で法的トラブルが発生した場合には、どんなに些細なトラブルであっても気軽に相談することができます。例えば、従業員が他の従業員にセクハラを行なっているという問題があった場合には、会社としてどのような対処を行うべきか、ということを法的観点から助言することができます。

仮にそのトラブルが緊急を要する場合であれば、すぐに法的サポートや代理人として対処してもらうこともでき、紛争の早期解決にも繋がります。

 

また、顧問弁護士は長期的契約が行われることが多いため、会社の内部事情や経営状況等を考慮したサポートを行うことができます。

この点で、一時的に依頼した弁護士に委任するよりも顧問弁護士に依頼する方が会社の意向に沿った解決策を提示してもらえる可能性が高いです。

 

会社内でのトラブル発生を未然に防止するための対策を立てることもできます。例えば、会社が従業員の解雇を行いたい場合に、どのような手続きを踏めば不当解雇として損害賠償請求を行われずに済むのかといったことを助言してもらうことで、会社として対策を講じることができます。

 

顧問弁護士との契約は経済的支出が大きいと思われがちですが、人件費や部署の設置費用等を考慮すると、法務部を設置するよりも弁護士と顧問契約を締結する方が一般的に安価に済みます。

 

以上に述べたメリット以外にも弁護士との人間関係構築により、個人的に紛争を依頼する弁護士のあてが見つかるという点やコンプライアンスについても助言を受けられることなどもメリットです。

 

会社経営上、法的問題に直面する場面は少なくありません。法的問題が生じると、これが会社の経営に大きな影響をもたらし、対処を誤ると会社存続の危機にも陥ります。そのため、弁護士との顧問契約は会社を守るためにも大きな役割を果たします。
大田区・川崎市・横浜市をはじめとして全国各地からご相談を承っておりますので、弁護士との顧問契約をお考えの方は、ぜひ当事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

原弁護士の写真

代表弁護士

原 悠太Yuuta Hara

私は東京都内を中心に離婚、自己破産、企業法務、医療(動物病院)の法律問題に対応しています。

また、私は獣医師の資格を保有しているため、医療分野には確かな知識と豊富な経験があります。

弁護士に相談をしたり、依頼することは人生であまり経験することではありません。

そのため弁護士を頼るのは怖いと考えている方も多くいらっしゃいますが、悩みを抱える皆様が気軽に相談できる弁護士となれるように日々努力してまいります。

ご相談者のお話を丁寧にお聞きし、問題の早期解決ができるよう努めますので、お困りの際は一人で抱えずお気軽にご相談ください。

資格
  • 弁護士・税理士、獣医師
所属団体
  • 第一東京弁護士会(57995)
  • 東京税理士会蒲田支部

事務所概要

Office Overview

事務所名 RHA法律事務所
代表者 原 悠太(はら ゆうた)
所在地 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-16-2 テクノポート大樹生命ビル9F
連絡先 TEL:03-6428-6069/ FAX:03-6428-6070
対応時間 月~金 9:00~18:00 ※時間外はメール対応可
定休日 土日祝
事務所の写真
当事務所の先生がevangelistに選ばれました。